ゆめぴりかとつや姫は比較してどちらが美味しいの?

ブランド米の食味に関して、消費者は、生産地と品種を気にしがちです。

ですが、実は、生産地と品種は食味には直接関係がありません。多くの比較サイトで書いてあることは大嘘です。

ブランド競争でつや姫が負けたなーと、検索してみて思ったのですが、これはゆめぴりかがつや姫よりも美味しいと言う訳ではなく、プロモーションの戦略と努力で負けた結果だと思ってます。

ゆめぴりかもつや姫もどのお米も同じ!食味を決める要因

お米は生き物です。つまり、種子が一緒でも育った環境で、人間と同じようにいろんなものになり得ます。

水、土壌、気温は当然のことながら、これに加えて人間が手を加える肥料と農薬があります。

農薬は直接食味に関係するとは言いづらいですが、肥料は直接食味に関係します。

肥料が多いと、お米がたくさんとれます。肥料が少ないと、お米がそれ相応の収穫量になります。

これがポイントです。

農家さんの意向で、収穫量を多くしたいと思えば、肥料をたくさん撒きます。ようは、それぞれの県で指定されている規定値を超えなければいいわけです。

肥料が多いと、含タンパク質量が多くなります。タンパク質が多いと食味が落ちます。

つまりは、土、水、気温に加えて、農家の意向が大きく食味に関係することになります。

いくら、魚沼産だから、北海道のゆめぴりかだから、山形のつや姫だからといって、全部が全部美味しいというわけではありません。スーパーに並んでいるものは、生産者がてんでバラバラなものを混ぜて梱包しているものですので、当たり外れがあるというのはそういうことなのです。

つや姫もゆめぴりかも農家直送米がよい理由

つや姫もゆめぴりかも、他のどのお米も、結局は農家の意向が重要です。

農家さんは、自分の米を高く評価してもらいたいと思っているので、高く評価してくれるところには独自の工夫を加えたお米を出荷し、共同で出荷するものに関してはガイドラインを遵守し、出荷量を多く出せるように努力します。(といっても、どこのJAにも足を引っぱるような存在がいるのが現状で、含タンパク質もてんでバラバラになるんですよ。結局は。)

なので、買うなら断然農家さんから直接購入した方がいいです。

つや姫とゆめぴりかの価格について

今年は、お米の値下がりが激しく、品種によっては取引価格を大きく下げているものも確かにあります。

昨年の米が余っていることや、国が人様が食べる米よりも家畜が食べる米に助成していることなどが理由として挙げられます。

ですが、これらの各県の代表格のブランド米に関しましては、大きな価格の下落はありません。

Amazonなどでは2,300円程度、農家直送系では3,000円程度から販売されています。

 

お客様専用ダイヤル ブログ 小形農園の強み
今月(2017年9月)
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
翌月(2017年10月)
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
(      発送業務休日)
 登録してお買い物をするだけで、3%(1ポイント=1円)のポイントがつきます。