意外と知られていないお米の食味のお話

お米の食味は、水、土、気温、農家の生産方針で変わると言うお話をしましたが、これは生産の現場のお話です。

生産の現場以外で食味を決定づけるものも勿論あります。

まめ知識(タンパク質)

タンパク質は体に必要なもの、アミノ酸のもと、体にいいものという印象がありますが、お米の場合、タンパク質が多い米はあまり美味しくない米とされています。

このタンパク質の差は、収穫量を増やす為に使う肥料の差です。

ちなみに、今年の小形農園のつや姫のタンパク質は6.2%でした。(つや姫として出荷されるお米の基準値は7.5%)

保存でも差がでる。

保存方法でも差がでます。

昨日、他のお米屋さんのサイトをサーフィンしていたら気になる記述がありました。

「カントリーエレベーターで保存しています。」

カントリーエレベーターは言ってみれば、農家共同の保存庫ですが、同じ品種はすべて混ぜてしまいます。

これは、生産者が分かっていませんと言っているようなもので、食味を保証しているわけではないことには注目して欲しいです。

また、夏場の湿度と高温は米にとって天敵です。その為、専用の冷蔵庫がないところは良い保存環境とは言えません。

お客様専用ダイヤル ブログ 小形農園の強み
今月(2017年11月)
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
翌月(2017年12月)
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
(      発送業務休日)
 登録してお買い物をするだけで、3%(1ポイント=1円)のポイントがつきます。